Oveido-Winter Springs Lions Enact “Time for Change”

Friday, September 21, 2018
Some of the club members gather as they count the change they collected for LCIF.

Many of us don’t give much thought to the coins that accumulate in our pockets or bottoms of our purses, in jars on our dressers or between our…

Read More

Microloans Boost Business for Women in India

Thursday, July 26, 2018

Humanitarian efforts are one of the causes Campaign 100: LCIF Empowering Service will support. Lions Clubs International Foundation (LCIF) wants to serve 200+ million people each year while…

Read More

Introducing a Capital Fundraising Campaign to Empower Your Service

Thursday, July 12, 2018
Lions Clubs International Foundation -- Campaign 100: LCIF Empowering Service

Lions Clubs International Foundation (LCIF), your global foundation, officially launched Campaign 100, LCIF: Empowering Service at Lions Clubs International Convention July 3. The significance behind the campaign name…

Read More

LCIFがライオンズの糖尿病予防プログラムを支援

Tuesday, September 12, 2017

1J地区で、シカゴ郊外の地域コミュニティに対する貢献の新しい方法を検討していたとき、ジェリ・ディパスカーレはあることを思いつきました。彼女には13歳で小児糖尿病と診断された息子がいたので、彼女の家族は、糖尿病患者のコミュニティのニーズをよく承知していました。 「親は常に、子供の安全を守ろうとします」と、彼女は話します。「通りに飛び出してはいけないとか、熱く燃えるストーブに触ってはいけないと教えるものです。しかし、糖尿病の診断が下されると、状況が全く変わります。親の行動が子供の生死を左右するのですから。子供に注射を打たなければ、死んでしまいます」 ディパスカーレは周りのライオンズクラブ会員に対して、糖尿病予防の取り組みを支援することを提案しました。1J地区のライオンズは、ライオンズクラブ国際財団(LCIF)からのUS$95,275の四大交付金(糖尿病)を確保し、エルムハースト記念病院(EMH)と共同で、糖尿病を対象とした予防と生活習慣改善のプログラムを開始しました。このプロジェクトは、糖尿病に罹患するリスクに直面している低収入の成人に対して情報と各種支援を提供し、糖尿病の予防を目指すものです。 「エルムハースト記念病院の情報提供とサポートがなければ、このプログラムを実現させることはできなかったでしょう」とディパスカーレは振り返ります。「この重要な情報を、患者以外の家族にも確実に届けられる態勢を整えることができたので、LCIFには感謝しています」 糖尿病は、米国だけでなく世界中で拡大を続けている流行病です。米国では成人の患者だけでも約2900万人います。疾病管理予防センター(CDC)によると、この数字には、糖尿病が疑われるが診断が確定していない700万人も含まれています。さらにこれとは別に、糖尿病前症を抱えている米国人は8600万人(成人の33%以上)にも上ります。糖尿病前症とは、今後5年以内に糖尿病を発症するリスクが最も高いことを示す症状です。現在の傾向が続けば、糖尿病の患者は2050年までに米国人の3人に1人の割合となるという予測もあります。 現在EMHでは、新たに発足した糖尿病予防および生活改善プログラムにおいて、地元のライオンズと協力し、糖尿病前症の疑いがありリスクが高いにもかかわらず、経済的な制約のために十分なケアを受けていない人々を特定する取り組みを進めています。糖尿病前症の検査で陽性の結果が出た人は、病院付属の学習センターで、糖尿病の専門家による無料コンサルテーションを受けることができます。そうした人々は希望により、2型糖尿病を予防する、または症状の進行を遅らせることを目的としてCDCが制定したカリキュラムに基づいた、生活改善プログラムに参加できます。 このプログラムは、糖尿病の流行を食い止めるという最終的な目標を参加者に理解してもらうことを目指すものです。個人がリスクを特定し、リスクを最小限に抑える計画を立てるのに役立つ、広い意味での地域奉仕プログラムです。 地元のライオンズはこのプログラムの成功に不可欠な存在です。1J地区には64のライオンズクラブがあり、2300人を超える会員が在籍しています。ライオンズは、糖尿病の予防策を推進することで、地域の広報担当の役割を果たしています。情報を広く伝えるためのミーティングの企画運営、参加者の体重や肥満度指数(BMI)の測定による医療データの収集支援、募金イベントの開催などを進めています。 ライオンズおよびLCIFの支援を受けて、このプログラムでは、終了後に参加者の少なくとも65%が体重の減少、減量の継続、血糖値の安定などを経験することを目標としています。1J地区のライオンズは、地域社会の健全性を向上させることに力を尽くしており、「転ばぬ先の杖」の大切さを証明しています。 メンバー各自が暮らし、奉仕を続けている地域社会を対象として、健康のための多面的かつ総合的なイニシアチブを実施することで、キャンペーン100は糖尿病の世界的流行への対策において主要な役割を果たしています。LCIF.org/BE100 にアクセスして詳細をご確認ください。  

Read More

국제재단은 라이온스 당뇨병 예방 프로그램을 지원합니다.

Tuesday, September 12, 2017

1-J지구에서 시카고 교외의 지역사회에 환원할 수 있는 새로운 방법을 고민하고 있을 때, Jeri DiPasquale 라이온은 한가지 생각을 떠올렸습니다. 그녀의 아들이 13세 때 소아당뇨 진단을 받게 되면서, 가족들은 당뇨병…

Read More