ホーム ライオンズは多くの資金を獲得して多くの予防接種を目指します
 

ライオンズは多くの資金を獲得して多くの予防接種を目指します

Jamie Konigsfeld 5月 23, 2019

感染力が極めて高く、混み合ったバスにたった1人の感染者が乗っていただけでも、予防接種を受けていない乗客の90%が知らないうちにそのウイルスに感染してしまう病気を想像してみてください。感染者の10%以上が死亡し、治癒した人の30%までもが聴覚障害や視力障害、脳障害、肺炎、ビタミンA欠乏症、脳炎などの合併症に生涯苦しむことになります。

ライオンズの支援運動のおかげで、草の根レベルから政府の最高レベルまで、人材を動員することができます

不幸にして、この病気は現実のもので、毎年9万人近くが命を落としており、そのほとんどが子どもたちなのです。それは、はしかと呼ばれています。

希望の光
はしかは、適切な予防接種で撲滅することができます。ライオンズとライオンズクラブ国際財団(LCIF)が「はしかイニシアチブ」に参加したのはそのためです。これは、31カ国を超える国々で繰り広げられる集団予防接種キャンペーンです。

2010年にビル&メリンダ・ゲイツ財団から送られた初期交付金により、ライオンズは以下の項目に集中的に取り組みました。

  1. 地元、地域及び国レベルでの支援活動
  2. ソーシャル・マーケティングと社会的動員への直接関与
  3. 資金援助

その結果、エチオピア、マダガスカル、マリ、そしてナイジェリアの4,100万人もの子どもたちが予防接種を受けました。これにより、取り組みの強化に向けて意欲をかき立てられたライオンズは、カメルーン、ハイチ、ケニヤ、ネパール、ウガンダ、ザンビアでキャンペーンの支援を積極的に開始しました。ライオンズは、2012年までに1億5000万人以上の子どもたちにはしかの予防接種を行う支援をしました。

Lions Raise Millions to Vaccinate Millions School Visit image

「ライオンズの支援運動のおかげで、草の根レベルから政府の最高レベルまで、人材を動員することができます」とエチオピアのテベベ・ベルハン元地区ガバナーは説明しています。

「これは大いに必要な活動です。医療サービスと社会サービスは我が国で整備が遅れている領域であるため、LCIFの支援を喜んで受け入れます」とネパールのラム・バラン・ヤーダブ元大統領は述べています。

メガホンを持つライオンズ
これらの取り組みの効果を高めているのは、ライオンズが奉仕している地域社会の一部であり、隣人たちに手を差し伸べる方法を知っているということです。戸別訪問による幼児の保護者への教育活動であれ、パレードを主催してチラシを配ることであれ、ラジオ広告のスポット購入であれ、ライオンズとそのパートナーたちは様々なところに働きかけて情報を広めています。そして、彼らはさらなる進化を続けています。

Lions Raise Millions to Vaccinate Millions image 1 MD3231 Rally

かすかな光から燃え立つ炎へ
2013年に、LCIFは2017年12月までに3,000万ドルの資金を集めることを誓約しましたが、実際には目標を超える成果を達成しました。英国国際開発省(DFID)とゲイツ財団が同額の資金を提供してくれたため、私たちは合わせて6,100万ドル以上をGavi ワクチンアライアンス(世界の最貧国に住む子どもたちが十分に利用されていない新しいワクチンを接種できるよう支援する国際的組織)に提供できたのです。この誓約の結果、1億1000万回分以上のワクチンが調達されました。

「ライオンズの初期はしか事業のパートナーとして参加できたことをゲイツ財団は大変誇りにしています。また、今後も継続して協力できることをとてもうれしく思っています」ビル&メリンダ・ゲイツ財団のウィリアム・H・ゲイツ・シニア共同会長は述べています。「先を急ぐなら、ひとりでどうぞ。世のために働きたいなら、共に行きましょう。ライオンズを先頭に進むなら、どれだけ世のために共に働けるか計り知れません」

こちら(LCIF.org/BE100)から、キャンペーン100が高齢者や障害者、女性、孤児、社会的・経済的弱者等、弱い立場にある人々や特別な支援を必要とする人々に、どのように支援プログラムを提供・実施しているかをご覧ください。


ジェイミー・コーニグスフェルドはライオンズクラブ国際財団(LCIF)のマーケティングコンテンツスペシャリストです。