ホーム 小児がん

小児がん

LCIFでは、ライオンズに資金援助を提供し、戦略的パートナーシップを構築することで、小児がん患者のアウトカムの向上を支援しています。

 

世界の統計

 

世界では、毎年30万人余りの子どもたちががんと診断されています。つまり、2分に1人の子どもががんと診断されているのです。

がんを克服できる子どもたちは世界では37%となっていますが、 生存率には地域によって大きな格差があります。

2018年、WHOは2030年までに小児がん患者の生存率を60%以上に引き上げることを目標に、小児がんグローバル・イニシアチブを開始しました。このイニシアチブは、世界中のさまざまな分野の関係者を共通の目標に向けて結束させています。 

LCIFもこのイニシアチブとの協力を開始し、ライオンズが各地域社会で小児がん患者を支援できる新しい方法を模索しています。

統計出典:世界保健機関

 

グローバルホープとのパートナーシップ

先進国と発展途上国では小児がんのアウトカムに大きな格差がありますが、LCIFはグローバルホープと提携し、この格差を縮める手助けをしています。

小児がん交付金

LCIFはライオンズ地区および複合地区を対象に、1万ドル~15万ドルの交付金を提供します。LCIF小児がんパイロット交付金プログラムの目標は、治療中の子どもたちとその家族の暮らしを充実したものにすることです。

子どもの暮らしを支援

子どもたちには私たちが必要です。力を合わせれば、がんと診断された何千人もの子どもたちの暮らしを変えられます。

今すぐ寄付する