ホーム マッチング交付金

人道支援マッチング交付金

私たちの多くが手に入って当然と思っている物品やサービスは、世界中の数百万人の人々にとっては手の届かないものです。人道支援マッチング交付金を通して、地域社会では教育、技術、医療、子どもたちの安全な遊び場など、人々の暮らしを改善するさまざまな事業が実現されます。この交付金は、地域社会が最も必要としているものを見極め、それを実現するために役立てられます。

人道支援マッチング交付金について 

人道支援マッチング交付金(旧「一般援助交付金」)は、満たされていないニーズに対応する大規模な人道奉仕事業を対象とするものです。事業は多くの人々に奉仕するものでなければなりません。交付金額は1万ドル~10万ドルです。

この交付金は通常、資本建設や設備に役立てられます。対象となる典型的な事業としては、開発途上国における移動検診車、障害者・失明者施設、眼科診療所、大規模な医療機器、老人ホーム、学校などが挙げられます。
 

申請と期限

人道支援マッチング交付金の申請は、1月・5月・8月開催のLCIF理事会会議が始まる90日前までに行われなければなりません。今後の申請期限は こちらをご確認ください。

基準及び申請書

最近の人道支援マッチング交付金 

334-A地区(日本) 

  • 愛知県立千種聾学校に新しい聴覚感度調整装置を購入するため、334-A地区のライオンズに14,735ドルが提供されました。毎年120人の耳の不自由な生徒が、新しい装置の恩恵を受けると見込まれています。

30-M地区(米国ミシシッピ州) 

  • 30-M地区のライオンズに10万ドルが提供され、ゴールデン・トライアングル・ミラクルリーグ球場と協力して障害者対応のスポーツ施設とグラウンドを建設するために役立てられました。この施設は障害者に奉仕する組織に開放され、初回開幕シーズンの受益者は300人と見込まれています。

LC-5地区(ブラジル) 

  • LC-5地区のライオンズに75,616ドルが提供され、ブラジルのサンパウロ州の農村地域で眼科検査を提供する移動眼科診療車の購入に役立てられました。この車両の受益者は毎年7,500人と見込まれています。