ホーム リーダー紹介

奉仕するリーダー

私たちのリーダーは、その一人ひとりが積極的に活動しているライオンです。行動と思いやりによって、世界の改善に尽力しているボランティアです。LCIFの舵を取るリーダーはそれぞれに多様な経歴を持ち、各自の専門知識や洞察力を財団のために役立て、私たちの使命、ビジョン、プログラムが世界各地で思慮深く遂行されるようにしています。

LCIF

成功を目指す体制

当財団の包括的な運営体制をご覧ください。

 

偉大な成果を目指して

 

上記の組織図には以下の役職が示されています。その一つひとつが、現在と将来のLCIFの成功にとって不可欠な役割を果たしています。

LCIF理事会

LCIF理事会は、組織内の監督と意思決定に責任を負います。すべての会則地域を代表する計21名が理事を務めます。理事会は、LCIFの支払能力と組織的公正を確保します。そのメンバーは、事前に各交付金事業を審査し評価することで、交付金提供のプロセスに重要な役割を果たしています。

LCIF理事長

LCIF理事長の任期は1年で、海外訪問、パートナーやライオンズリーダーとの会議、運営面の監督などに当たります。理事長は世界中でLCIFの大使役を務め、財団が国際的な人道奉仕組織のリーダーとしての立場を維持できるようにします。

LCIF執行委員会

LCIF執行委員会は理事長を支援する不可欠な存在であり、重要な指導的責務を果たします。7名のライオンズリーダーで構成される中核的なグループで、LCIFのビジョンと使命を世界に広め、財団の主要なプログラムや事業に関する情報を提供します。

LCIF財務委員会

財務委員会は、LCIFの健全性が保たれ将来の資金が充分に確保されるよう、LCIFの予算と投資を監督し、すべての財務を点検します。

視力ファースト・プログラム諮問委員会とライオンズクエスト・プログラム諮問委員会

LCIFは、その最大のプログラムであるライオンズクエストと視力ファーストの双方に諮問委員会を設けています。これらの委員会のメンバーは、プログラムの開発と調整を監督し、国内外で支援活動を行い、継続的にプログラムの改善を推進して変化するニーズに対応できるようにしています。両委員会はライオンズリーダーと各分野の専門家によって構成され、事業案を審査して承認するとともに、それぞれのプログラムの方針を決定します。

複合地区コーディネーターと地区コーディネーター

複合地区コーディネーターは、ライオンズクラブ国際会長とLCIF理事長によって3年任期で任命され、LCIFの大使役を務めます。その役割は、資金獲得、PR、LCIFの交付金とプログラムに関する研修や認識向上などの分野で、LCIFとライオンズを結び付ける手助けをすることです。その任務には、地区ごとに地区コーディネーターを任命し、彼らと協力することも含まれます。複合地区コーディネーターと地区コーディネーターは、世界各地で認識向上を支援する共同責任を負っています。

 

現在のリーダー