ホーム 視力保護

視力保護

1925年にヘレン・ケラーがライオンズに支援を呼びかけて以来、私たちは目の不自由な人々に奉仕し、擁護してきました。1世紀近く経った今も、この古くからの使命は果たされ続けています。

学ぶ

視力に関するデータ

  • 失明者または中・重度の弱視者(MSVI)の数:2億5,300万人
  • 眼鏡を持っていない、という単純な理由で近視のままでいる人々の数:11億人
  • 回避可能な原因による失明者またはMSVIの割合:75%以上
  • 視覚障害者のうち、開発途上国に住む人々の割合:89%
発見する

私たちには計画があります

私たちには視覚障害者に奉仕してきた長い歴史があります。そして、奉仕の新世紀においても、この使命を固く守り続けます。

私たちの戦略目標

回避可能な失明を予防するとともに、目の不自由な人々の暮らしを改善する。

 

私たちは前進を続けています

予防

目の健康、目の安全、放置すると失明を招く一般的な疾患について、地域の人々の認識を高める啓発活動を行っています。

リハビリとサポート

補助技術を提供し、人材を育成し、インフラを改善することで、質の高い教育とリハビリへのアクセスを高めています。

視力ファースト

視力ファーストは失明予防に向けた私たちの主力プログラムであり、国際的・地域的なパートナーとの共同事業を通して、包括的で持続可能な眼科医療サービスを提供しています。


 

行動する

地域で視力関連活動に取り組むメンバーやクラブのために作られた奉仕事業プランナーやその他の資料をご覧ください。
祝う

私たちのストーリーは希望

ライオンズとレオの奉仕は、世界中の地域社会に変化をもたらしています。