ホーム 視力保護 視力ファースト

視力ファースト

視力ファーストはLCIFの最も名高いプログラムの一つとして、眼科医療システムを構築し、研修を提供し、インフラを開発する取り組みに資金を提供しています。その目的は、予防・回復可能な失明の主原因と闘い、目の不自由な人々を支援することです。
 


Vision for All

 

Specialty Clubs Program Infographic

  • More than US$356 million approved for over 1,330 projects in 102 countries
  • 9.1 million cataract surgeries performed to restore sight
  • 1,292 eye centers and training institutions built, expanded or equipped
  • 1.8 million professional eye care and community health workers trained
  • 164 million doses of Zithromax® distributed to control trachoma
  • 218 million doses of Mectizan® distributed to halt the progression of onchocerciasis

 

私たちの使命

私たちの使命は、眼科医療の不十分な地域の眼科医療システムを強化することで、その社会に、失明や視力低下と闘う力と、目の不自由な人々を援助する力を与えることです。

私たちの戦略

 

ライオンズは、各地の医療当局、眼科医療専門家、他の非政府組織と協力して視力ファースト事業を実施しています。また、事業の管理、資金調達、アドボカシー、支援活動やPR活動の調整に積極的に取り組んでいます。視力ファースト事業では、以下の戦略のうち一つ以上を採用しています。

  • 眼科医療を提供
  • 眼科医療専門家と管理業務担当者に研修を提供
  • 既存の眼科医療システムのインフラを改善
  • 目の不自由な人々の教育・リハビリへのアクセスを向上
  • 目の健康の重要性に対する人々の認識を向上

私たちの価値観

 

視力ファーストは、今日のあらゆる眼病の予防・診断・治療を行うとともに、回復不能な失明や弱視に苦しむ人々にリハビリを提供する総合眼科医療システムの構築を支援します。

  • 視力ファーストが優先するのは、経済的、社会的、地理的障壁のために眼科医療・教育・リハビリへのアクセスを阻まれ、十分な眼科医療を受けていない人々を援助することです。
  • 視力ファーストは、公平で質の高い眼科医療とリハビリを提供します。
  • 視力ファーストは、既存のインフラの改善と現地の人員の育成を通して費用効果の高い眼科医療を実現することで、持続可能な眼科医療システムを構築します。
  • 視力ファーストはデータに基づくプログラムであり、調査結果の分析によって事業の実現可能性を見極め、定期的なモニタリングと評価によって事業の公正さを検証しています。

私たちの焦点分野

  • 総合眼科医療
  • アイヘルス教育
  • 子どもの失明
  • 糖尿病性網膜症 
  • 白内障 
  • トラコーマ
  • ロービジョン
  • 未矯正の屈折異常

中国で大きく前進する視力ファースト

ライオンズは中国で白内障対策を推進し、大きな成果を上げています。