ホーム リソースセンター 視力ファースト中国行動計画

視力ファースト中国行動計画

    Nurse treating visually impaired patient

    白内障は、世界における失明の原因の第1位であり、視力障害の原因の第2位となっています。世界の白内障による失明者の20%以上が中国で暮らす人々であると推定され、高齢化に伴って、その数は2050年までに大幅に増えると見込まれています。中国の眼科医療ニーズに対応するため、LCIFは中国保健省と中国身体障害者連合会との提携により、20年以上にわたって視力ファースト中国行動計画(SFCA)事業を推進しています。中国における白内障手術へのアクセスと低価格化は、過去20年間で飛躍的に向上しましたが、やるべきことはまだ多く残されています。SFCAの第1段階は1999年に開始され、1,538万ドルの視力ファースト交付金が交付されました。第1段階は2002年に完了しましたが、210万件の白内障手術が中国で行われ、104の郷に眼科手術ユニットが設立されました。2002年に、SFCAの第2段階に向けて1,550万ドルの視力ファースト交付金が承認されました。第2段階の間に300万件近くの白内障手術が実施され、200の郡に二次レベルの眼科医療ユニットを設置することで、眼科医療のインフラが向上しました。SFCAの第3段階は2011年のライオンズ世界視力デーの期間中に開始され、この段階を支援するために総額598万ドルの視力ファースト交付金が承認されました。第3段階では、中国本土に蔓延するトラコーマの実態を調査し、遼寧省と広東省における弱視へのサービスを拡大し、遼寧省での地域研修プログラム・モデルを開発するために、各種プログラムが開始されました。2018年には、中国の病院運営国立機関(NIHA)とLCIFの間で、第4段階に向けて5カ年の協力合意書が調印されました。第4段階では、未矯正の屈折異常、糖尿病性網膜症、アイヘルス教育、眼科医療の質と提供能力への対応を目指しています。中国初の国際ボランティア・サービス組織として、LCIFがこの提携を通して視力ファースト・プログラムの中でも最高にして最大の成果を達成したことは、ライオンズクラブ国際協会にとって大きな誇りです。